オナニーの頻度で精力・性欲が違う?

<管理人が施術を受けたクリニック>


オナニー頻度が低い人は性機能低下が心配

人によってオナニー頻度は違いますが、オナニーを全くしないという人もいます。

人によってはオナニーは女性を抱くから必要ないという人もいるでしょう。

自分でオナニーをしたことがないというモテ自慢の人もいます。

しかしセックスもオナニーもしない人は、だんだんと精力も衰えてきてしまいます。

オナニーをしない人は元々精力が低い可能性が高いので、オナニー自体しようと考えないのかもしれません。

オナニーをしないどころか勃起すらしなくなってくると、いよいよ性欲も精力も衰えてしまいます。

精子は毎日作られるものですが、精子が溜まり過ぎてしまうと、これ以上作らなくても考えてしまいます。

だんだんと精子を作る機能が衰えやすくなってしまうので、結果として勃起不全へと繋がってしまうでしょう。

オナニーをしないことをステータスにしている人は、女性とのセックスライフを楽しんでいる人です。

できればオナニーをしないで、女性とセックスライフを楽しむことが望ましいです。

しかし全く射精をしない人は女性との本番の時に、役に立たなくなる可能性もあるので注意しましょう。

3日に1回程度のオナニーが健康的

健康的なオナニー回数は、3日に1回程度が丁度いいとも言われています。

これは3日に1回は射精をして精子を出した方が、サイクル的にはちょうどいいという考え方です。

精子はだいたい3日で死んでしまうことから、3日に1回は入れ替えるためにオナニーをすると、丁度良いサイクルになるというものです。

適度にオナニーをして射精をすることで、機能不全を抑えるこうかもあります。

さらにはセックスでの本番をしていれば、健康的な性生活を送ることができるでしょう。

毎日オナニーをするオナニー依存の人は本番が心配

オナニー頻度が多い人は精力が強いというよりも、単に性欲が強いというだけです。

しかもオナニーばかりしていると手コキの感触でしかイケなくなってしまうので、本番でうまく射精できなくなってしまう危険性もあります。

性欲が強くても精力が衰えてしまうと、本番でのセックスで上手く射精できずに、中折れしてしまう可能性もあります。

オナニーをすることで体内の亜鉛という物質を消費します。

これは男性ホルモンの分泌に必要不可欠な栄養素なのです。

亜鉛が不足することで結果として、精力が落ちやすくなってしまうのです。

毎日のオナニーが日課の人にとって、性欲はあるのに精力が落ちてしまうと、いざ本番の時に困ってしまいます。

オナニーは自分で加減を調節できるので気持ちがいいですが、頻度を少し減らした方が体のも優しいです。

男性のオナニーの頻度によって精力の違いが分かります。

性欲があるのに本番で中折れしたり、勃起不全で役に立たないなどの要因が、実はオナニーによるものかもしれません。

オナニーは適度にやるのが体にもいいので、オナニー頻度を減らして1回のオナニーをじっくり味わいながら楽しみましょう。

[s_ad]

<管理人が施術を受けたクリニック>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA