長径・包茎手術をしても勃たなければ意味がない!ちんこが勃たないその原因と対策とは?

<管理人が施術を受けたクリニック>


短小や包茎から逃れても使えなければ意味がない!

無事、包茎手術や長径手術を終えても、ペニスが使えなければ意味がありません。今日は勃起不全を予防するという意味で書かせていただきました(*^-^*)

勃たない!その原因は?

大事なときに限って勃たない!男にとっては最大の悪夢です。

しかしそういうことは意外と多いものです。

そんなことにならないために、勃たなくなる原因はどういうものなのか、そしてどうすればいつでも勃てることができるのか、それを知っておけばイザというときに安心です。

まず勃起しないことにはいくつかの原因があります。

普段からのトレーニングが重要

まず、血行障害。勃起に必要な血液が送られていかないために、勃起しずらい、勃起できないなどの症状がおこります。

これを予防するには、まず普段から体を動かしておくこと。

イスに座ったままで長時間仕事をしたり、運転を続けたりすると、大腿部の太い血管が圧迫され、血が送られにくくなります。そのため、次第に血管が補足なり、勃起しにくくなってしまうのです。

そのように身体的な理由ではなく精神的な原因で勃起できなくなることもあります。

これは緊張する場合に起きる勃起障害。

以前に一度、大切なときに勃起できなかった、そのとき女性に文句を言われたなどという理由が重なって、「勃起しなければ」と自分を追い詰めてしまうことが原因です。

スポーツなどでも、普段誰も見ていないときならできることが、多くの観客やプレッシャーのかかる場面では体が動かなくなる、いうことをきかなくなるということと同じです。

これは精神的な原因があるので、まずその原因になる失敗を乗り越えることから始めましょう。失敗は誰にでもあると自分に言い聞かせるとともに、何度か一人で勃起させてみましょう。

どんなときにでも勃起できるという自信がつけば、大事なときに勃起できないという事態を防ぐことができます。最初はAVなどを見ながらでもOKですが、慣れてきたら想像だけで勃起できるようにしましょう。

そうすると、どんなときにでも勃起できるようになるでしょう。これ以外にも、アルコールの飲みすぎやタバコの吸いすぎなどがありますので、体に悪いことをしているなという自覚がある場合は、生活を改善することを考えてください。

勃ちやすい体になるために!

勃起しやすい体質になるためにはいくつかのポイントがあります。

まず、マスターベーションを欠かさないこと。

体はどの部分でもそうですが、使わない箇所はどんどん衰えていきます。性器だってそれは同じこと。

普段からマスターベーションを行っていないと、性器が勃起することを忘れてしまいます。またマスターベーションのときには射精しないようにしましょう。

直前で射精をコントロールすると、早漏や遅漏の改善にも効果があります。さらにマスターベーションのときはオナニーホールなどの道具を使わないようにしましょう。

強すぎる刺激を与え続けると、性器はその刺激になれてしまうため、どんどん強い刺激を与えなければ感じないようになってしまいます。

普段はできるだけ弱い刺激で我慢することで、大事なときにしっかり働いてくれる性器を手に入れることができるのです。

[s_ad]

<管理人が施術を受けたクリニック>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA