下半身太りは短小ペニスの原因にも!男性が日常生活の中で下半身が太らないようにする方法。

<管理人が施術を受けたクリニック>


今まで普通のサイズだった人のに小さくなった!という人が時々居ますが、下半身が太ると短小の原因にもなると言われています。

そこで今回は下半身太りの対策についてお話させていただきます(^_-)-☆

下半身太りの原因と対策。

男性は下半身の運動量が基本的に多いので上半身に比べて太る事は少ないです。

しかし年齢を重ねてくると基礎代謝が低下してくるので油断していると下半身に脂肪が蓄積されて下半身太りになってしまいます。

下半身に脂肪が蓄積されると血行不良になるのでむくみやすくなったり老廃物が溜まりやすくなります。

老廃物が溜まってしまうと蓄積された脂肪と混ざって固まってセルライトが出来てしまう事もよくあります。

セルライトが太ももなどに出来てしまうと肌がボコボコして汚く見えてしまうので周囲の人からの印象も悪くなってしまいます。下半身が太ってしまうとデメリットになってしまう事が多いので気を遣っていく必要があります。

そこで男性が日常生活の中で下半身が太らないようにする方法をいくつか挙げていきましょう。

ウォーキングをしよう!

下半身の運動量を多くしていくと太らないようにする事が出来るのでまずは歩く事が大切になってきます。

外出している時も歩きますが、日常生活の中でウォーキングを取り入れていくと歩く量も多くなって下半身の運動量が増えてきます。ウォーキングは歩くという軽めの運動なので既に下半身が太ってしまった人でも手軽に取り組む事が出来ます。

自宅周辺などコースを自分で設定して1日30分~1時間を目安に取り入れると効果的です。

ウォーキングは嫌々やっていると長続きしないのでスマホで好きな音楽を聴きながら散歩間隔で気分良く取り組んでみるといいでしょう。

効果的なスクワットの仕方。

下半身が太ってしまうのは筋力が低下していたり筋肉の量が低下している事も原因となっています。

下半身がふとらないようにしていくには下半身の筋肉をある程度鍛えておく必要もあります。

下半身の筋肉を鍛える時はフィットネスジムにあるような器具を使用する必要はなく自宅の部屋でスクワットをする程度で出来ます。

スクワットは太もも、ハムストリング、ふくらはぎと下半身全体の筋肉を刺激する事が出来るトレーニングなので毎日続けていくと筋力もアップしていきます。

最初は10回3セットから始めて慣れてきたら20回、30回と回数を増やしていくと下半身の筋肉を鍛えてられて太らないようにする事が出来ます。

自転車に乗る時間を増やす

通勤やプラーベートで車や電車を利用する事が多いですが、自転車に切り替える事によって下半身の運動量を増やしていく事が出来ます。

自転車を乗る時間が増えれば下半身の運動量も増えていくので筋肉が鍛えられて脂肪が蓄積するのを防ぐ事が出来ます。

日常生活の中で意識的に自転車に乗るようにしてみるといいでしょう。

男性が日常生活の中で下半身が太らないようにするにはウォーキング、スクワット、自転車に乗る時間を増やすなど手軽に出来る方法があるので取り入れてみるといいでしょう。

毎日取り入れる事よって下半身の運動量が多くなり筋肉が鍛えられて脂肪が蓄積されるのを防ぐ事が出来るので実践して美しい下半身を作っていきましょう。

[s_ad]

<管理人が施術を受けたクリニック>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA